どんなにひどい生理痛も軽減!豆乳の力

私は中学生の時に生理が始まり最初から歩けなくなるくらいの激痛で、生理がくるたび学校を休んでいて生理が大嫌いでした。

高校生になると痛い痛いと言いながら気を失ってやっと寝ることができる。そのくらいひどくなっていきました。何度か検査を受けましたが幸いにも病気ではなくただ本当に生理痛がひどいだけで医師に勧められたのは低用量のピルで高校生からそれを服用し始めました。

ピルには副作用があり私の場合低用量なのであまり副作用が出る人はいないのですが、体のけだるさ、異常なほどの食欲、胸やけなどその症状に耐え切れず三か月でやめてしまいました。確かにピルは痛みを軽減してくれましたがやめるとまた痛さが強くなってきてしまい、これではだめだと思い体の中から改善する方法を探しました。

すると友達が豆乳ってすごく効果あるらしいよ!と教えてくれて早速調べてみるとどの記事にも書かれていたのが毎朝豆乳200mlを生理7~10日間に飲む!これだけ!とりあえず2か月間試してみました。するとだんだん痛みが軽くなっていき4か月目には生理中でも学校に行くことができました。

さらにホルモンバランスがよくなり生理前のニキビお肌の調子もよくなりました。生理痛がひどい友達には必ずおすすめしていてみんな生理痛が軽減されました。大人になった今でも継続していて、今は生理痛に悩まされることはありません。

生理と上手く付き合うには

私は中学2年の頃から生理が始まりました。女性としてなくてはならない大切な身体の準備なのですが、やはり毎月大変な思いをしています。生理が始まる前はイライラして仕方がないですし、始まると下腹部が痛みとても辛いです。

生理前のイライラは1週間前から始まり、生理は1週間程続きます。トータル2週間近くは生理に関して体力や気力を奪われてしまいます。それが毎月あるので楽しく過ごせるのは下手すると2週間程度になってしまいます。

なるべく生理中も楽しく過ごせるように、とは思うのですが20代後半になり、あまり無理に過ごすと体調を崩してしまうので出血量が多い3日間はなるべく静かに過ごすようにしています。痛みが酷い1?2日目は痛み止めを服用し過ごしています。身体が辛いので理解してくれる男性はかなり貴重です。中々生理で体調が良くない時男性には言いづらいのですが、長い付き合いの彼には体調が悪いや機嫌が悪くなってしまう、と素直に伝えています。私だけではなく一緒に過ごしてくれる人にも不快な思いをして欲しくないので伝えるようにしています。私だけではなく、彼にも生理と上手く付き合ってもらっています。

私は割と生理前のイライラや生理痛等は軽い方なのですが、重い方は痛み止めを飲んで吐いてしまうといった話しを聞いた事があります。生理と上手く付き合っていくには人それぞれ対策や方法が違うと思いますが、私はさほど大変な部類ではないように感じます。これからも、生理を嫌いにならず身体を大切にしていきたいと思います。